WEB3 + DLTがもたらす次世代のデジタル経済

インターオペラビリティにより完成するWEB3.0

暗号通貨の歴史は、ビットコインが2009年1月3日に最初のブッロクが誕生して以来、現在までにビットコイン・BTCは暗号通貨の基軸通貨、分散台帳システムとしての基盤レイヤーとして機能し、特に金に変わる価値の保存として、世界で11番目規模の通貨として流通しています。

またブロックチェーンシステムとしてのマルチレイヤーによる拡張により、通貨にとどまらないトークンエコノミーやデータ経済などの新しい経済圏の構築も始まっているようです。

そして、BTCの他に多くの暗号通貨・DLTプロジェクトが誕生し、淘汰を繰り返しながら、暗号通貨同士のネットワーク構築も始まっています。 このネットワークはインターオペラビリティという相互通信により、様々なネットワークの誕生と淘汰の中で、BTCを基盤レイヤーとしながら、より分散化されたネットワークが誕生すると予想できます。

現在の世界の通貨事情はどうでしょうか?

USドルが世界の基軸通貨となっています。国際通貨はユーロ、ポンド、円などがあります。 しかし世界中の全ての人がこれに参加できる状況にはありません。各国がそれぞれの通貨で自国の経済圏やイデオロギーを維持しようとしつつ、通貨戦争などの摩擦も生じています。

それぞれの通貨がナショナリズムや文化、イデオロギーなどの立ち位置により、選択と競争と覇権争いが生じています。ここに個人が「選択の自由」という権利があれば、問題ありませんが、たまたま生まれた国と地域により利用できる通貨は決まっており、「選択の自由」は移住しない限り選択の余地はありません。

ビットコインは特定の管理者がいない暗号通貨として登場し、すでに10年以上の歴史を持っています。ビットコインは、世界の誰もが、イデオロギーや国によらず、利用できる暗号通貨です。

しかし、一つのシステムに依存しすぎることは、大きな利便性を得ますが、破綻の危険性も大きくなります。もしかしたらビットコインですら、今後世界中の誰もが使える暗号通貨ではなくなるかもしれません。

そこで一つの解決策は、特定のイデオロギー、ナショナリズム、巨大企業としてのGAFAなどによるグローバリズムという選択肢の他に、これらも内包した様々なプロトコルが相互に繋がり、セキュリティを維持しながら、分散化されたネットワークが、多様な価値やイデオロギーを保存し通貨としての利便性や価値を増幅させると考えています。

インターオペラビリティにより完成するWEB3.0、そして暗号通貨エコシステムの真意は、ナショナリズムvsグローバリズムではなく、多様なナショナリズムやイデオロギーを内包するユニバーサルプロトコルの時代の到来を予感させます。

多様な価値の保存
価値の移動
分散による安全性
スケーラビリティの担保

インターオペラビリティによりこの四つが成し遂げられると考えられています。
これは、次世代のインターネット、WEB3の真意であり、インターネット2というインフラの価値になるのではないでしょうか?